日経WOMAN2016年11月号の付録万年筆の感想

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版の付録でついてきた万年筆を10日ほど使ってみました。

この特別号↓についてくる万年筆です。

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版

新品価格
¥750から
(2016/10/9 02:00時点)




日経WOMAN2016年11月号は付録がついていないバージョンも出ていて、その値段が650円。

付録つきのほうが100円高い値段設定となっています。

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版付録の万年筆

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版付録の万年筆

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版付録の万年筆

全体的なフォルム、それからキャップをしたまま手に持ってみた感覚は悪くないと思います。

書き味は普通というか、値段なりの印象。

最初にカートリッジを入れた直後、それから、一晩置いた後のインクの出が悪くて「もしかして、不良品とか粗悪品?」と思ってしまいました。

ですが、毎日続けて使っていたら、3~4日目くらいから安定して出てくるようになりました。

文字の太さは普通だと思いますが、手帳に細かく書き込みを行うには少し太く感じます。


残念な点、不満な点は次のところになります。

【クリップ部に「日経WOMAN」と書かれている】

これがあるので、メンズは外では使えない(使いにくい)と思います。

【キャップをお尻のほうにつけて書いていると、ポロっと取れがち】

これです↓
日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版付録の万年筆

【使っていたら、インクカートリッジが外れた】

これは自分の使い方が悪かった可能性もありますが、使っていたら、中からカラカラといった音が聞こえました・・・

もしかして!と思って軸をはずしてみると、やはりそうでした。

インクカートリッジが外れてしまっていました。

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版付録の万年筆

そんなこと、あるんですね・・・

ペン立てに(放り込むかのように)勢いよく戻したりしていたので、それが原因かな。

カートジッリを付け直し、その後問題なく使い続けることができています。




しかし、100円の万年筆と考えると、全般的にはよく出来ており、合格点を上げられます。

100円均一ショップで買えるものより、少しいい感じだと思います。
(見た目や持った感覚が。書き心地は同じような印象です)

この記事へのコメント